本文へスキップ

精神障害がある方の地域生活を支援する社会福祉法人絆の会

社会福祉法人絆の会

ようこそ絆Diaryへ!

ここでは、絆の会の日々の活動・ニュース・呼びかけなど発信しています。

<<前のページ | 次のページ>>
2019年10月31日(木)
9月のベストブログ

10月15日ホームページ管理運営委員会の会議を行い、9月のベストブログを選定しました。

9月10日(火)『皆で楽しく食事作り』
「料理を全て世話人が作るのでなく、利用者と一緒に作り経験を積んでもらうことが支援。利用者の経験を奪っては良くない」
など講評が有り、激励していただきましたました。

読者の皆様も「この記事は素晴らしかった」などご意見がありましたら、是非絆の会職員までお知らせください。

             (クレール篠ノ井 赤澤)

2019年10月29日(火)
家族会交流会

10月16(水)、絆の会家族会では、群馬県伊勢崎市より「綾の会」家族会の皆さん24名をお迎えし、家族交流会を行いました。

悠友ハウス中澤所長から喫茶りんどうなどのボランティアさんとの関わり、当事者のスポーツ活動としてソフトバレーボールチーム「Rainbow絆」の活躍、それを応援する家族の姿など、映像を交え、「絆の会の理念」4本柱の話があり、皆さん時にはうなずき、笑い、熱心に耳を傾けていました。
喫茶りんどうでの昼食会では、綾の会の皆さんが口々に「さっき映像に出ていた方が本当にいる」とボランティアさんを見つけて大興奮。メンバーが働く姿には「これだけ忙しくても接客が丁寧ですね」とお褒めの言葉をいただきました。

綾の会のご家族の感想です。
・成り立ちこそ違うが、同じ家族として強い思いを感じた
・ボランティアになるために勉強するんだとびっくりしたが、実際にかかわる姿を見て、特別じゃないと納得できた

立場や所属は違っても、家族には家族ならでの思いがあることを共感できた家族交流会でした。
             (皆神ハウス 大西)

2019年10月27日(日)
クレール篠ノ井の松川渓谷旅行

23日はクレール篠ノ井の日帰り旅行でした。
メンバーさんの日頃の行いが良いせいか、雨が多い日が続く中、当日は久々の晴天!
出発のだいぶ前から準備を整え終えていたメンバーさんと、グループホームの公用車に乗りいざ松川渓谷へ!
車窓には黄色や赤に染まる景色が広がっていきます。
車から降りて、紅葉の中を流れる川の景色に何枚も写真を撮りました。
八滝も見事でした。

ドライブを終え、次は須坂の湯っ蔵んどへ。思い思いにお土産を買い、男性陣は温泉にゆっくり浸かることができたようです。

最後はお待ちかね、『魚魚魚(ぎょぎょぎょ)』で海の幸。皆ボリュームにびっくり!

メンバーさんに今日の感想を伺うと、「また行ってもいいぐらい素敵だった!」
「昔自分で行ったときとは違った場所を見れたことが、発見だった」「滝がよかったし、紅葉が目の保養になった」「楽しい時間はアッという間」と大満足のご様子でした。

今回の企画は、メンバーさんの一人が「クレールの皆で旅行に行けませんか?」と提案し、実現したものでした。
最近、別のグループホームに引っ越されたそのメンバーさん。
思い出となる素敵な旅を残してくださいました。
             (クレール篠ノ井 矢崎)

2019年10月26日(土)
あんだんてより最新お弁当メニューのお知らせ

雨の日が続いて冷え込んだかと思えば、日中は気温が高くなることも・・・
不安定なお天気が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

あんだんてのお弁当には、スーパーのお弁当では食べられないような工夫を凝らしたメニューが登場しています。
メニュー表をご確認いただき、ぜひご賞味ください。

お弁当に関するアンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
いただいたご意見は、今後のお弁当作りに活かしていきます。
また、メニューのリクエストなどございましたら、ぜひお聞かせくださいませ♪ 

             (あんだんて 志村)
       10月最終・11月前半のメニュー表は こちら⇒(PDFファイル)

2019年10月25日(金)
合唱の練習

先日、みらいコーポ稲葉で合唱の練習がありました。

その時、一人の男性がお母さんと担当職員さんに付き添われて見学にみえました。練習が始まるまで時間があり、その人は待ちきれなくて「帰る」と言って帽子をかぶりだしていましたが、やっと時間になり練習が始まりました。
するとどうでしょう、私はその人の前の席にいたのですが、その人が声を出してちゃんと皆と一緒に歌っているのが聞こえるのです。初めて参加したのにどうしてこんなに歌えるのだろう、きっと余程歌うのが好きななんだろうと思いました。


この人が絆の会にかかわることになったら、是非合唱団に参加し、思いっきり歌ってほしいと思いました。
             (セルフィー平林 N.W.)

2019年10月24日(木)
家族定例会が開催されました

10月10日(木)13:00より法人本部3階多目的スペースにおいて家族定例会があり、一般の方、他法人の家族会の方を含め50名の参加がありました。

講師には渡部行政書士事務所代表でもあり、世田谷区手をつなぐ親の会会長の渡部伸先生をお招きし、障害ある人の「親なきあと」相続の仕組みと注意点をテーマに、相続手続き、遺言書について、成年後見制度、など具体的なお話をしていただきました。

家族の方からは、「先生のお話は詳しくてよく分かりました。成年後見制度についてはまだ心配な部分もあり踏み切れないでいる方もおられ、今後制度が良い方向に変わっていく事を期待したい。
分かち合いで先生が各グループを回って話を聴いて下さったので直接お話ができて良かった」等々たくさんのお声を頂きました。

先生からも「講演会をただ聴くだけでなく、分かち合いの時間で再度確認し合うことは良いことですね」とお言葉を頂きました。
分かち合いで日頃の悩みを少し話すことができたと思いますが、もっと時間があったらよかったのにと思いました。

今回は他法人の家族会の方も見えていつもとはまた違った話し合いができたと思います。

             (みらいコーポ稲葉  横山真紀子)

2019年10月20日(日)
台風19号の災害について考えるプログラム

10月19日デイキャンプの予定でしたが中止にして、代替えプログラムとして、台風19号の災害について考えるワークショップと災害時を想定して模擬炊き出しをしました。

炊き出しでは、白米のおにぎりを自分の分をつくる、けんちん汁はみんなの分を協力して作る、体験をしました。
ワークショップでは、「台風19号の災害から考える」@何を準備しましたか?A非難はしましたか?B困ったことはありましたか?C今後、この日のことを教訓にあなたは何をしますか?
以上のことを紙に書いてもらいました。

終わった後感想では、
自分の事もあったけど、認知症の母親のことなど心配して被害があったらどうしようと不安になり、気分が落ち込み気味になってしまった。自分の住んでいるところは「大丈夫、関係ない」と思いがちなので、これからはしっかりと非常用品などを用意したり、避難するところを把握して、災害に備えたい。(後藤)
             (皆神ハウス 坂口)

2019年10月17日(木)
台風ニモ負ケズ 頑張っています

大きな被害をもたらした台風19号ですが、皆様の地域は大丈夫でしょうか?
この度被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

柳原にある信州そば工房きずなは、浸水こそ免れたもののすぐ近くまで水が迫ってきました。
めんを買いに来てくださるご近所の方の中にも、浸水の被害にあわれた方がいらっしゃいます。
連休明けに、そば工房のメンバーの顔を見たときには、本当にほっとしました。
「台風の風は凄かったね」「警報アラームがずっと鳴ってて怖かったよ」などと、それぞれ不安な週末を過ごしていた様子です。

そば工房の関係先では、完全に浸水し復旧の目途が立たない納品先があったり配送の関係が滞って注文が途絶えてしまったりと、間接的にですがジワジワと影響を受けているのを感じます。
メンバー・スタッフにも被災者が出ており、それぞれ思うところはありますが、いつもどおりの日常を取り戻すべく今できることを探しながら皆で一生懸命頑張っています。

このブログをご覧の皆さまには、そば工房の生めん購入という形で応援していただけると大変ありがたいです。
どうぞよろしくお願い致します。

被害に遭った現地の様子を知りたい方は以下の写真をご覧ください。
そば工房南10/13 柳原消防署10/13 豊野10/15

(信州そば工房きずな 土村)

2019年10月16日(水)
イベント中止のお知らせ

この度の台風の災害の影響を考慮し、以下2つのイベントを中止とさせていただきます。
楽しみにしていた皆様、申し訳ありません。

●皆神ハウスデイキャンプ
10月19日(土)に予定しておりました皆神ハウスデイキャンプは、中止することになりました。当日は10:30〜17:00まで開館し、代替えプログラムを行います。
詳しくは皆神ハウスまでお問い合わせください。

●びーんず・あんだんて感謝祭
10月19日(土)に開催を予定していたびーんず・あんだんて感謝祭は、中止させていただきます。
詳しくはびーんず・あんだんて感謝祭中止のお知らせをご覧ください。

             (クレール篠ノ井 赤澤)

2019年10月15日(火)
台風御礼

この度の台風19号により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げますと共に、
一日も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

当法人におきましては、職員の被災はありましたが、設置経営する就労支援事業所、グループホーム、相談室、地域活動支援センターの全12事業所には影響はありませんでした。報告が遅くなりお詫び申し上げますとともに、今後ともご支援ご協力を賜りますようお願いいたします。
             (法人本部 土屋富男)

2019年10月12日(土)
*中止となりました* お越しください♪ びーんず・あんだんて感謝祭

下記感謝祭は台風の影響で中止となりました。
詳しくはびーんず・あんだんて感謝祭中止のお知らせをご覧ください。

* びーんず・あんだんて 感謝祭 2019年 *

 2019年10月19日(土)10:00〜14:00
   びーんず・あんだんて 2会場で同時開催
※会場近くに駐車場がございます。ご案内いたします。

毎年開催していた“あんだんて感謝祭”ですが、今年はびーんずと同時開催します!

今年の感謝祭は・・・、
◆管理栄養士考案!かんたんクッキング
◆お得!お菓子詰め放題
◆楽しい!絵本の読み聞かせ・紙芝居
などの企画を予定しています♪
※詳しくはチラシをご覧下さい。

皆様のお越しをお待ちしております!

             (びーんず・あんだんて 志村)

2019年10月12日(土)
男声合唱団「純」ミニコンサート

10月8日(火)松代町皆神台地区主催のお茶の間サロンに、今回は皆神ハウス担当で男声合唱団「純」をお招きしました。

水戸黄門のテーマソング「ああ人生に涙あり」から始まって深い響きと抜き差しならぬ真実を伝えて下さいました。
前半、純のみなさんの演奏を堪能したあと、皆神ハウスのメンバーである小松さんに体験発表をしていただきました。みなさん、真摯に耳を傾けて下さっていました。

発表のあとは、みなさんと一緒に歌う時間を作り、小松さんを中心に「銀色の道」から歌いはじめました。小松さんの優しい人柄がそのまま歌に出ていて感動しました。地域の方からは、素晴らしい男声グループでした。声量がすごい。また、機会があれば聞きたい。との感想をいただきました。今日は、本当にいいコンサートでした。
             (皆神ハウス 肥田)

2019年10月11日(金)
あんだんてより最新お弁当メニューのお知らせ

あんだんてより10月後半のメニューをお知らせいたします。

先日、子どもの付き添いで秋の夜空の天体観測に参加しました。
あいにくの曇り空でしたが、時々雲の間から月を見ることができました。
大きな天体望遠鏡で月のクレーターも見られて、感動しました。

移動する宇宙ステーションも肉眼で見ることができ、中に人が乗っていると思うと、とても不思議な気持ちがしました。

秋は空気もひんやりと澄んでいてとてもきれいですね。
“秋の夜長”、皆様はいかがお過ごしでしょうか?


あんだんてでは、主菜、副菜ともに工夫を凝らしてお弁当を作っております。
メニューのリクエストなどございましたら、ぜひお聞かせくださいませ♪


                 (あんだんて 松本)
          10月後半のメニュー表は こちら⇒(PDFファイル)

2019年10月10日(木)
笠井さん(悠友ハウス)最優秀賞に輝く!

去る9月14・15日に開催された第22回長野県障がい者文化芸術祭自由詩部門において、悠友ハウスの笠井忠明さんが見事最優秀賞(長野県知事賞)を受賞されました。昨年の優秀賞に続く2年連続の受賞です。

今年度は上田市丸子文化会館にて展示・授賞式が行われ、残念ながらご本人は授賞式には参加できませんでしたが、後日悠友ハウスのメンバー会において表彰状と記念品が授与され、メンバーとスタッフから2年連続の受賞に盛大な拍手が贈られました。

以下は笠井さんご本人の受賞の言葉と受賞作品です。
             (悠友ハウス いで)

今年の5月頃わりとさらさらと考えてできた詩で、入賞とか、まして最優秀賞を頂けるとは夢にも思っていなかったのでとても嬉しかったです。ありがとうございました。

「記憶の逃げ水」
いたずらな つむじ風に
むぎわら帽子を さらわれ
追いかける少年
アスファルトの むこうに
鏡の逃げ水が 笑っている
近づいても、それは、遠い記憶のように、
消えてしまう
草原の先に、夏のほほえむ太陽
記憶の果てに、自分を 照らしている
たゆたう時の流れに
君のはしゃぐ姿を 思い出す
むぎわら帽の歯車が まわる度に
時を 遡っていく
ただ 頬を なぜる風が 冷めた追憶に
吸いこまれていく
戻らない逃げ水
また、どこかで、見つけたい
遠い 想い出
             (悠友ハウス 笠井)

2019年10月5日(土)
会場の熱気にただただ圧倒!リカバリー全国フォーラム2019

92122日、認定NPO法人地域精神保健福祉機構(コンボ)主催のリカバリー全国フォーラム2019に行ってきました。メンバー、職員あわせて5名での参加でした。

11回目となる今回は、「リカバリーを実現するサービスを求めて〜ピアサポートの可能性・その広がりと深まり〜」というテーマのもと、松本俊彦先生(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 薬物依存研究部 部長)の基調講演や参加者によるトークライブ、シンポジウム、分科会が開かれました。

トークライブでは、「私にとってのリカバリー」というテーマで、参加者がホールの壇上に上がり、発表を行いました。参加者の中には、自分の思いの丈を思いきり叫んだり、緊張しつつも熱く語ったりと様々な発表がされました。


一緒に参加したメンバーさんと「すごいですね。」と、会場の熱気にただただ圧倒されてしまいましたが、とても胸に響き、元気をもらうことができました。

             (みらいコーポ稲葉 竹前)