本文へスキップ

精神障害がある方の地域生活を支援する社会福祉法人絆の会

社会福祉法人絆の会

ようこそ絆Diaryへ!

ここでは、絆の会の日々の活動・ニュース・呼びかけなど発信しています。

<<前のページ | 次のページ>>
2019年11月17日(日)
絆フェスタに参加して 後半

昨日のブログの続きです。

 大活躍といえば、ジュースやどら焼きの販売、車の案内役と沢山の仕事をこなされたメンバーさんもいました。
「今回役目を果たせたことで、自信になった。販売は初めてだったけれど、かなり売れたので嬉しかった」
と目を輝かせていらっしゃいました。
 どら焼き以外にも、カレーやおでん、ボランティアさん手作りのきのこ汁、フランクフルトなど
美味しいものが沢山並んでいて、普段食事制限されているメンバーさんもこの日は特別!
「普段食べられないものを食べられて、リフレッシュした」とおっしゃっていました。
 その他、元のグループホームで一緒だったお仲間と再会し、休憩室で数時間、思い出話に花を咲かせ、
それが何より嬉しかったとお話して下さった方もいらっしゃいました。
 秋晴れの空の下、メンバーさんの笑顔が輝いた心に残る一日でした。
             (みらいコーポ稲葉 矢ア)

2019年11月16日(土)
絆フェスタに参加して 前半

11/9(土)絆フェスタが開催されました!
みらいからは5名のメンバーさんが参加されました。
バザーに食べ物販売、マジックの披露、合唱団の発表と盛りだくさんの内容に
メンバーさんそれぞれおもいおもいの時間を過ごされたようです。
 皆さんに感想をお聞きしました。
 「今通っているデイの年忘れパーティーでマジックを披露する予定なので、フェスタでマジックを披露したKさんとお話をしたけれど、独学と聞いて大したものだと思う」
この感想を言って下さったメンバーさんは午後の合唱に参加されたり、大事に育てた『はからめ』の苗を来客者にプレゼントしたりと大活躍。「合唱は仲間と歌えることが嬉しい」とおっしゃっていました。

続きは明日♪

             (みらいコーポ稲葉 矢ア)

2019年11月15日(金)
絆フェスタW

2019年度の絆フェスタでは、長野県共同募金会さんのご協力により、赤い羽根共同募金並びに、台風19号被災された方への義援金募金を行いました。

また、今年初めての試みとして「荷物運び隊」が活躍しました。お客様が買っていただいた野菜や柿、バザー用品などを駐車場まで運びました。お昼近くにはとても忙しくなり「人の役に立つっていいですね」と言ったメンバーの顔は晴れ晴れとしていました。

皆神ハウスとつむぎの家では、メンバーと共に芹田小学校の子どもボランティアが「あそびのひろば」で輪投げや魚釣りなどのお手伝いをしました。

就労事業所のメンバー・職員は、朝早い時間から会場から離れたところで駐車場係をしていました。いろんな人がいろいろなところで、支えていた絆フェスタ。こんな風景がみられる絆フェスタはとても価値あるものだと思いました。

(皆神ハウス 坂口)

2019年11月14日(木)
全員参加できた絆フェスタ

昨日のブログの続きです。

絆フェスタ当日。

長田さんは、持ち前の愛想のよさと元気さで存分に会場を盛り上げてくれ、たまたま高校時代の先生が来ており「長田さんの司会最高でした!」と熱い握手をされました。

服部さんは、一緒に踊りながらもめくりを丁寧に全うされました。また「被災された方になにかしたいと思っていたから」と好きなお菓子を買うのを我慢して寄付をされました。

また竹内さんは、初めてクレールからバスで本部まで行き、頼まれていた会場案内の役割をしっかりとこなしました。

気持ちが落ち込んでいて「絆フェスタは行かない」と仰っていた宮尾さんも、昔の仲間に会いたいと気持ちを振り絞り、南市公民館を活用しながら参加することが出来ました。おかげで元気になり「いいきっかけになったよ。行って良かった〜」と仰っています。

クレール全員が参加でき、一人ひとりにとって得るものの多い絆フェスタとなりました。ありがとうございました!
(クレール篠ノ井 赤澤)

2019年11月13日(水)
絆フェスタの準備の様子

今年の絆フェスタでは、グループホームはステージ発表の担当でした。
クレールのメンバーはその中で「めくり」書きを依頼されました。
初めは「そんなの書いたこと無い」「字が下手だから駄目だよ〜」と仰っていましたが、下書きをもとに、一人1枚ずつ気持ちを込めてめくりを書きました。

これで当日を待つばかりと思っていたのですが、急遽ステージ発表の司会と、めくりをめくる係の依頼が回ってきて、フェスタの週になってからでしたがお願いしてみました。
すると、長田さんが「職員さんが長田に出来る、やって欲しいと言ってくれるなら」と司会を、服部さんが「そんなのやったことないけど、職員さんと一緒なら」とめくりを快諾してくださったのでした。

続く
(クレール篠ノ井 赤澤)

2019年11月12日(火)
絆フェスタ開催

11月9日(土)に法人本部・悠友ハウスで第10回絆フェスタが開催されました。
今回の絆フェスタは台風19号で被災された方の支援も目的の1つとなっています。会場内には募金箱が置かれたほか、チャリティーTシャツ販売、バザーの売上も寄附させていただきました。
また雲一つない空の下、芹田小学校6年1組による販売や先生のコカリナ演奏、利用者のマジックショー、きのこ汁のふるまい、販売などで会場は大変盛り上がりました。新しい試みとしてお客様の荷物を運ぶ「荷物運び隊」がオレンジ色のハッピを来てお客様をお送りしたり、休憩スペースとして南市公民館も使わせて頂き、ゆっくりとくつろぐ利用者もいらっしゃいました。その他、飯島建設株式会社様の駐車場もお借りし、駐車場係は朝早くから事故のないよう自動車の誘導をしていただきました。
このように絆の会4本柱1人ひとりと地域のご協力で無事開催することができたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
             (絆フェスタ実行委員長 中澤 信)

2019年11月11日(月)
あんだんてより最新お弁当メニューのお知らせ

長野の秋はあっという間に終わろうとしていますね。
もう、こたつやストーブなど暖房機器は使っていますか?

朝晩の冷えこみは厳しく、日中は暖かく、寒暖差が激しいですね。
衣服などで上手に調節してお過ごしください。

あんだんてでは、主菜、副菜ともに工夫を凝らしお弁当を作っております。
メニューのリクエストなどございましたら、ぜひお聞かせくださいませ♪ 

             (あんだんて 志村)
11月中旬のメニュー表は こちら⇒(PDFファイル)

2019年11月4日(月)
サテライトのアパートに引っ越しをしました

今までクレール篠ノ井(一軒家形式のグループホーム)に入居していましたが、今度、セルフィー平林(アパート形式のグループホーム)のサテライト(母屋から徒歩5分)に入居しました。
今まで共同生活で仕事から帰ってきて入浴をする時など、他の利用者さんに気を遣うこともありましたが、今度は一人暮らしなので気兼ねなく入浴等ができて快適です。
11月19日(火)に皆神ハウスで「働きたい気持ちをサポートする講座」が行われます。そこで体験発表をさせていただきます。多くに人に自分の話を聞いていただければ嬉しいです。宜しくお願いします。
             (セルフィー平林 山口)

2019年11月2日(土)
成年後見制度学習会をおこないました

10月8日(火)リアン若里にて、
「成年後見制度の基本について学ぶ ―制度の概要とメリット・デメリットから考えるー」
と題して、長野市社会福祉協議会地域福祉課係長 野口一輝氏を講師に迎え、
成年後見制度について、分かりやすく教えて頂きました。

リアン若里では、
入居期間の長期化に伴い、利用者の高齢化や同じく歳を重ねる家族状況にも変化もみられています。
今後について、不安や心配を抱える声も出てくるようになりました。

そこで利用者の皆さんに将来の心配を少しでも軽く出来ればと思い開催しました。

野口さんからは、身近な生活の中での困りごとを具体例を挙げお話して頂いたり、実際あった事例などを交えてお話いただいたので聴くことができ、利用者、職員共に、じっくり聴くことができました。

利用者、職員からの質問にも丁寧にわかりやすく教えていただき、初めはぼんやりしていた成年後見制度のイメージが、少しは理解できたかなと思います。

利用者からも、「勉強になった」「参考になった。メリット、デメリットが聞けて良かった」と感想も聞かれました。

ご家族の方にも聴いていただきたいと思いました。

             (リアン若里 西川